Windows10アップデート後chromeが・・・

2017年5月2日

新年明けましておめでとう御座います。

といっても、既に9日経過してますが・・・

さて、本日久しぶりに起動したPCがwindows10でして、このバージョンアップは12月8日に配信されたものです。

「Windows 10 バージョン 1511 用の累積的な更新プログラム (KB3124200)」がインストールされた後に、少し困ったことが有ったので、覚書的な感じで!

その困ったこととは・・・

 

chromeを普段使っているのですが、chromeでの日本語入力が

ビックリするくらい表示が遅くなりました。

「 クローm_ 」

・・・

・・・

約3秒後くらいに、「ム」が表示されました。

ん??

これでは、使い物にならない。。。

という事で、原因調査!!

メモ帳でテキストを打ってみたら普通に打てる。

何故かchromeだけ、動きが鈍いのでIMEが悪いのではない!

色々調べて、今更発覚!!

chromeが32bitで動いている!まさか、これか??

という事で、chromeの64bitをインストールして確認。

ばっちり、この記事も日本語表示ロスも無く作成出来ました!

普通にchromeをインストールしたら勝手に32bit版がインストールされるようですので

chrome Windows10/8/7 64bit版 はこちらからダウンロードして下さい!

前々から、64bitなのに、chromeは32bitで大丈夫かな?と思っていたが普通に動いていたから後回しにしてましたね。。。

ちなみに、chromeの32bitか64bitかは、タスクマネージャーで調べる事が出来ます。

32bitだったら、32bitって丁寧に書いてくれています。

この記事を見て、あれ?うち大丈夫かな??って方は一度ご確認を!

それでは、2016年もう少しblog書くように頑張る事と、今制作している自社サービスを
全国の皆様に提供できるように、全力で走り抜けます!!